カテゴリー
未分類

ダウンロード版Windows 10の販売が1/末で終了。windows11へのアップグレード有料化近いかも。

本日気になる記事を見ました。

ダウンロード版Windows 10は2023年1月いっぱいで終了 – 阿久津良和のWindows Weekly Report

パソコン自作派の人、あるいは windows7 を持ってた人がアップグレードのために購入したい人 は、今なら windows10をネットで購入することができますが、それが1月末で終了するようです。

windows7 から 10 への無償アップグレードは、公式には出来ないと通知されていましたが、実際はwindows10のメディア作成することによって、ついこの間までできていたようです。
さすがに windows7 が使用不能になった今でも、この方法でwindows10にアップグレードできるかどうかは知りませんが、もしできたとしても2月以降は出来ないでしょう。

さて、windows10の頒布が1月末で終わるのを節目にして、近いうちにwindows10パソコンのwindows11への無償アップグレード期間が終了するというのは、あり得なくもありあり得なくも無いです。

windows11にアップグレード可 とされているパソコンを、アップグレードせずに放置しておくと、2025年10月より先はセキュリティサポートが受けられなくなります。

windows11の動作も近頃は安定してきたようですので、そろそろアップグレードをしてみてはいかがでしょうか?

「設定」- 「windows update」メニューを開いて アップグレードする

次のような画面が出ていたら、windows11にアップグレードできますので、アップグレード実行をお勧めします。

アップグレードしたら、PCをリセットする必要にせまられることがあります

OSをアップグレードすると、アップグレードする前のドライバやアプリの痕跡が動作を不安定にしてしまうことが往々にしてあるので、
PCの動作が不安定になったかな? と感じたら、一度PCをリセットする必要があることを頭の隅に置いておいてください。

PCをリセットすると、PC購入時から入っていたような一部のアプリを除きすべてのアプリが消去されますので、再インストールできるよう、ライセンスキー、ログインIDやパスワードが手元にあることを確認してください。またPCをリセットする際は、必ず「個人用ファイルを保持する」を選んでください。

カテゴリー
未分類

PCの画面をワイヤレスでテレビに表示させる方法

以前に、『Androidスマホの画面をワイヤレスでテレビに表示させる方法』というのを記事にしましたが、PCの画面をテレビに表示させたいという要望はあるかもしれません。

巷には 65インチ以上のサイズのスマートテレビが発売されています。Amazonで検索しただけでもこれだけあります。画面以外にも、ソニー・シャープ・TCL・LG・パナソニック・アイリスオーヤマまで(驚)。もちろんテレビですから音も出ます。画質や音質は価格相応にばらつきはあります。またあらかじめ申しておきますが、現状ワイヤレス表示すると遅延が発生しますので、遅延が許されない表示を希望ならHDMIケーブル等を使用して有線で行うべきでしょう。

表示させるのに使う機能は、これまでの記事で説明したように3種類のいずれか。

(1)ミラキャスト (Miracast)
(2)Chromecast
(3)AirPlay

(1)ミラキャスト (Miracast)

PCがMiracast に対応していること
・・・最近のwindowsはMiracastに対応しています。あとは、PCのグラフィックドライバ、wifi対応等が条件になります。

テレビがMiracast に対応していること
・・・ソニー、パナソニック、ハイセンスなどのスマートTVには搭載されていることは確認しています。対応していない場合、Amazon Fire TV stick などを テレビに付ければ良いようです。

一応以上のように謳ってはおりますが、要件は厳しく容易に接続できないようです。

(2)Chromecast

PCがChromecast に対応していること
・・・windows、chromebook は Chromecast に対応しています。chromecast のヘルプサイトを見た限り、mac もOKのようです。chromeブラウザの設定メニューから起動するようになっているので、chromeブラウザをインストールする必要があると思われます。あとは、PCのグラフィックドライバ、wifi対応等が条件になります。chromecast のヘルプサイトによれば、一部表示できないものがあるので注意が必要です。

テレビがChromecast に対応していること
・・・Chromecastに対応している各社スマートTV、対応していない場合、外付け Chromecast をテレビに付ければOKです。

(3)AirPlay を使う方法

PCがAirPlay に対応していること
・・・AirPlay に対応しているPC は、mac のみとなります。

テレビがAirPlay に対応していること
・・・AirPlayに対応している各社スマートTV。ソニー、LG、TVS REGZA(最新機種など一部)がAirPlay に対応しているようです。対応していない場合、Apple TV をテレビに付ければOKです。以前の記事で触れたとおり、AirPlay非対応のスマートTVでAirScreenなどのアプリをインストールすることで AirPlay対応には出来ますが、接続できるかどうかの確認は取れておりません。

カテゴリー
未分類

フレッツ回線でIPv6 IPoE +IPv4 over IPv6 環境とサーバ公開を両立させたい場合

NTTフレッツ回線をお使いの方で、インターネットが混雑する時間帯に通信速度が遅い問題を解決するためになされた策が、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 ですが、

ネットワーク越しのネットワークカメラ、ファイルサーバーやwebサーバーなどの公開サーバー、一部のネットワークゲーム、リモートアクセスVPN等

を使う環境では、固定IPオプション付きのプロバイダとの契約を行わない限り、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 とは両立せず、接続問題がかなりの確率で起こります。
(IPv6環境で完結する構成やサービスなど例外はあります)

理由は以下の通りです。
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 という方式では、固定IPオプション付きのプロバイダとの契約を行わない限り、複数の需要家で1個のIPv4グローバルアドレスを分け合う仕様です。

少なくとも、サーバ公開やリモートアクセスVPN開設、ネットワーク越しのカメラ映像発信(一部を除く)などのサービスを利用する時に一般的に使用するポート(ウエルノウンポートはじめとするポート番号)は、1個のIPv4グローバルアドレスを分け合う仕様のもとでは、ほぼ使えないようになっていますので、原則としてこれらのサービスは使えません。(MAP-E方式VNEを使っているプロバイダをお使いの場合、一部制約のもとポート番号を変更して使用できる場合がありますが、DS-Lite方式のVNEを使っているプロバイダの下ではそれもできません)

なら、どうしたらいいの?

IPv6プロバイダの固定IP契約をすると解決します。ただOCN など有名どころのプロバイダの固定IP契約は金額が張ります。固定IP契約は法人のみが対象でしかも料金は高額、そういうプロバイダもあります。一方プロバイダの中には、固定IPを安く提供しているIPv6プロバイダもあります。(例えば インターリンク社 ZOOT NATIVEなど)

現在、フレッツ光を用いる回線は、純正のNTTフレッツ光のほかに、光コラボというものがあります。光コラボは、NTT東日本やNTT西日本が、プロバイダや携帯キャリアなどの事業者に対して光回線の卸販売の卸販売を行うサービスモデルのことです。NTT東日本やNTT西日本が自社販売もしくは代理店が販売している従来サービスをここでは「純正フレッツ光」と呼びます。

現在、純正フレッツ光に加入の場合は、今加入のプロバイダを解約して、新しく固定IPを安く提供しているIPv6プロバイダに移ることです。

現在、光コラボに加入の場合は、プラン解約イコール回線契約になる可能性がありますので、契約しているプロバイダ(あるいは携帯キャリア)と相談してください。更新月以外に解約すると違約金が発生する恐れもあります。メールアドレス持ち出しも考えなければなりません。プロバイダと相談の上で、(1)光コラボ回線を解約して純正フレッツ光に転用する (2)今の光コラボ回線の契約は維持し、IPoE回線をPPPoE回線に戻したうえで、新しくIPv6 IPoEの固定IPプロバイダに加入してそちらを使う(これができるかどうかプロバイダに相談ください)のいずれかを検討ください。(後者はフレッツ光クロスには適用できないと思う)

VNE

VNE(Virtual Network Enabler)とは、IPv6ネットワークをインターネットプロバイダに貸し出す事業者のことです。

MAP-E方式

OCNバーチャルコネクト(V6アルファ)、v6プラス、IPv6オプション、ISPプレミアム(IPoE)

so-net、GMOとくとくBB、@nifty、DMM光、ドコモ光、OCN、BIGLOBE、DTIなど

DS-Lite方式

transix、クロスパス、v6コネクト

IIJmio、INTERLINK、enひかり(縁人)、ASAHIネット

4rd/SAM方式

IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッドサービス

ソフトバンク光

カテゴリー
未分類

iPhone/iPadの画面を ワイヤレスで テレビに表示させる方法

先日、Androidスマホの画面をワイヤレスでテレビに表示させる方法について記事を書きましたが、今度はiPhoneやiPadの画面をテレビに表示させる方法です。

現在ソニー、LGで売られているテレビは、AirPlayに対応しており、Apple製スマホの画面をワイヤレスでテレビに表示できます。取り扱い説明書に沿って設定をしたのちに、iPhone や iPad側にてコントロールセンターから「画面ミラーリング」をタップして接続機器を選んでやればよいです。

しかしAirPlayに対応しているテレビはそんなに多くなく、Apple TV 4K を接続すれば当然対応しますが、Chromecast with Google TV や、Fire TV stick は AirPlay には対応していません。(Chromecast では対応アプリは表示できますが、画面ミラーリング等はできません)

しかし諦めるのはまだ早いです。
Fire TV stick や、Chromecast with Google TV、そして、Android TVや Google TV では、AirPlay 対応アプリをインストールすることができ、iPhone、iPad、そして Mac の画像のミラーリングやキャストができます。

メーカー独自のOSを搭載しているスマートテレビの中にも、同様に AirPlay 対応アプリをインストールできる機種があるかもしれません。

AirPlay 対応アプリは多数あると思われますが、ここでは、AirScreen を紹介します。(他に AirReceiver なども対応しています)

AirScreenとは

Google Play のアプリ紹介文によれば、「AirScreenは、AirPlay、Cast、Miracast 、およびDLNA向けの最先端のワイヤレスストリーミングレシーバーです。」とあります。
確かに AirPlay に対応しています。

このアプリを Android TV/Google TV、そして Chromecast with Google TV にインストールする場合、アプリを入手するのに Google Play を使います。

Fire TV stick で AirScreen を入手

Fire TV stick のホーム画面の検索アイコン(虫メガネ🔎)にカーソルを持っていくと表示される検索バー上で

・「AirScreen」と入力してやるか、
・Fire TV stick のリモコンの青いボタンを押しながら「エアースクリーン」と話しかけると

上の写真のような「AS」の付いたAirScreen のアイコンが表示されますので、それを選択してあげます。

あとは、指示に従い、スマホカメラで表示されたバーコードを読み取り、設定を続行します。

Android TV/Google TV、そして Chromecast with Google TV で AirScreen を入手

ホーム画面の一番上の段にカーソルを持って行ってから、「アプリ」にカーソルを持っていき、

下向きのカーソルを押すと、「Google Play ストアを開く」ボタンが現れますので、それを押すと、Google Play ストア画面が現れます。

そこで検索アイコンを押すと、検索バーが現れますので、ここで「AirScreen」と入力してやるか、マイクボタン(🎤)を押してから、「エアスクリーン」と話しかけてやりますと、

上の写真のような「AS」の付いたAirScreen のアイコンが表示されますので、それを選択してあげます。

あとは、指示に従い、スマホカメラで表示されたバーコードを読み取り、設定を続行します。

AirScreen を使用する

テレビ側で AirScreen を起動すると、次のような待機画面になります。

iPhone/iPad の画面の右上から下にスワイプすると、コントロールセンターが出てきます。

ここで、「画面ミラーリング」ボタン(画面赤丸)をタップします。

すると、TV側の待機画面に表示されているIDと同一のものが表示されているはずなので、それをタップします。

AirScreen の終了

TVに表示されている画面の左下のアイコンを、リモコンからタップします。

アプリケーション終了画面で、「はい」側をタップします。

カテゴリー
未分類

iPhone/iPadの画面を ワイヤレスでmacに表示させる方法

先日、Androidスマホの画面をワイヤレスでwindowsパソコンに表示させる方法について記事を書きましたが、同様にiPhoneやiPadの画面をmacに表示させることもできます。

macの場合は、AirPlay 機能を使います。

wi-fi Direct を使うため、iPhoneやiPadとmacが直接wifi電波をやりとりできる距離や環境にあることが必要です。

iPhone/iPad は、iOS14以降搭載であることが必要です。
mac は、macOS Monterei(12.0)以降搭載であることが必要です。

Mac 側の操作1

・AirPlayレシーバーをONにする

iPhone/iPad 側の操作

・コントロールセンターから「画面ミラーリング」をタップする
・画面を表示させたいMacの名前を選択する

Mac 側の操作2

・iPhone/iPadからの画面ミラーリング(AirPlay)を許可する

カテゴリー
未分類

Androidスマホの画面を ワイヤレスで テレビに表示させる方法

前回、ワイヤレスで Androidスマホの画面をwindows PCに表示させる方法を紹介いたしましたが、スマホの画面をより大きい画面に映して見やすくする効果はあっても、別に表示させた内容をコピペ(コピー貼り付け)してパソコンに取り込めるわけでもありません。

スマホの画面をパソコンに表示させるよりも、TVに表示させる方がシチュエーションとしてはありですね。

現在シャープ、ソニー、パナソニック、ハイセンスなどで売られている中型以上のテレビには、スマホの画面をワイヤレスでテレビに表示できる Miracast ミラキャストの機能を持っています(最近は、Chromecastのものも多く出回っています)から、取り扱い説明書に沿って設定をしたのちに、Androidスマホ側で「キャスト」で接続機器を選んでタップしてやればよいです。
最近脚光を浴びている チューナレス・スマートテレビも同じくですが、稀にMiracast、Chromecast いずれも非対応の機器があるかもしれません。

Miracast 機能の付いていないテレビをお持ちの方は、google の 「Chromecast」または「Chromecast with Google TV」や、Amazon の「Fire TV stick」を別途購入して、テレビのHDMI端子につないでやる必要があります。

現在、スマホ映像の共有に代表されるワイヤレス映像転送技術規格として、よく使われているものは、Miracast や Chromecast の2種類のようです。Chromecast with Google TV などは、その名の通り Chromecast方式です。Fire TV stick は Miracast方式です。

Fire TV stick が接続されたテレビに表示させるには

Fire TV stick 側の操作

テレビの電源を入れた状態で、Fire TV stick のホームボタン(家マークのボタン)を、次の画面が出るまで押します。

リモコンのカーソルキーで「ミラーリング」のところまで移動して決定ボタンを押します。

すると以下の画面が現れます。次はスマホ側の設定です。

スマホ側の操作

スマホの操作は、Fire TV stick が発する電波が直接届く範囲で行います。

機種ごとに項目の開き方が異なるのですが、
設定(歯車マーク)」からいくつかの階層を経て「キャスト」項目を開きます。

右上の「設定」アイコン(縦の点線)をタップして、
ワイヤレスディスプレイ.. のチェックをします。

すると、先ほどFire TV stick の画面に表示されている名称が現れるので、それをタップします。

Chromecast with google TV が接続されたテレビ(もしくは Google TV/Android TVが搭載されたスマートテレビ)に表示させるには

Chromecast with Google TV(Google TV/Android TV) 側の操作

テレビの電源を入れます。

スマホ側の操作

スマホの操作は、テレビ側の機器のwifi と同じ (SSIDで構成された) wi-fiネットワークで通信ができる範囲で行います。

機種ごとに項目の開き方が異なるのですが、
設定(歯車マーク)」からいくつかの階層を経て「キャスト」項目を開きます。

右上の「設定」アイコン(縦の点線)をタップして、
ワイヤレスディスプレイ.. のチェックをしていなくても結構です。

Chromecast with Google TV(Google TV/Android TV)に設定されている名称が現れるので、それをタップします。

その他、Androidスマホに chrome ブラウザをインストールすれば、その chromeブラウザの設定メニューから表示させることもできます。

これは、windowsパソコンでもできるので、大変重宝します。

カテゴリー
未分類

Androidスマホの画面を ワイヤレスでwindowsパソコンに表示させる方法

要するに、ワイヤレスで、このようにしたいわけですね。
PCとスマホを、情報伝送用USBケーブルでつなぐ手もありますが、これをwifi を使ってやろうとするわけです。線をつながなくてもよい分スマートです。

Miracast(ミラキャスト)という方式(技術)を使います。

これは、windows10でも、windows11 でもできます。

これを行うためには条件があります

wifi環境

スマホとPCが、同じ SSID の wifi ネットワーク に接続されている必要が有ります。
また、以下の条件が課されることが有ります。
・(windowsサーバ管理でないPCの場合)windows PC が、プライベート ネットワークに属している
・ ネットワークのセキュリティがある程度保たれた (WPA2、WPA3) wifi に接続されている

そうそう、もっと大切な要件がありました! 忘れてました。
スマホとPCが直接wifi電波をやりとりできる距離や環境にある

Miracast は、Wi-Fi Direct を使います。wifiルータを介さずに通信を行うため、互いに安定した電波が届くところになければならないわけです。

パソコン側

先ほど書いたように、PCが windows10以降であること(windows8.1でも出来ますが、早々にサポート終了するOSですね)

そのほか
・パソコンのディスプレイアダプターが、Windows Display Driver Model (WDDM) が古くないこと(1.3 をサポートしていなければならないとか何とか)
パソコンの無線LAN(内蔵もしくは外付け子機)が古くないこと(NDIS6.3以上をサポートしていなければならないとか何とか)

要するに10年以上経過しているパソコンでは使えないかもしれないですね。
windows PCでは、他に操作画面の録画(ゲームや制作動画の記録など)など色んな事が出来ますが、core i 第3世代より古いPCでは出来なかったりするんですね。

要するにある程度新しいパソコンである必要があります。

また、PCに接続されているディスプレイと HDMI 接続されていない場合、保護されたコンテンツは表示できません。

Androidスマホ側

Miracast(ミラキャスト)方式を使うわけですが、お手持ちの端末のOSがAndroid 4.2以降のバージョンであれば、少なくともMiracastには対応しているそうです。
うまく動作しなかったとしても、Google Play に Miracast 関係のアプリがありそれで動作する例もあるようです。

どうやって設定するの?

以下は、windows10の場合です。windows11では、この中のいくつかの操作を行わなくて良かったりします。

パソコン側

・設定(歯車マーク) – システム – このPCへのプロジェクション の順に操作していきます。

※このPCへのプロジェクション機能のために、”ワイヤレスディスクレイ”のオプション機能を追加する  と書いてあったら、「オプション機能」と書いてある青いリンクをクリックして追加してください。

・オプション機能 画面にて「機能の追加」ボタンを押して、ワイヤレス ディスプレイ の項目にチェックを入れて 「インストール」ボタンを押して下さい。

・上から「どこでも使える※」「毎回接続を要求する」「常にオフ」。その下の青いスライドスイッチがON側。 になっていることを確認します。
※「どこでも使える」の代わりに「セキュリティで保護されたネットワーク上のどこでも利用可能」に設定して動作するなら、そちらの方が無難です。

・「このPCへのプロジェクション用の接続アプリを起動します」と書いてある青いリンクをクリックします。

古いパソコンを使用している場合、赤色で「このデバイスでは、ハードウェアがワイヤレス プロジェクション用として設計されていないため、コンテンツの表示に問題が生じる可能性があります。」と表示されることが有りますが、その時は正常に表示されなかったとしても諦めてください。

・青いスクリーンが出て〇〇〇〇〇(このPC名)にワイヤレス接続する準備ができました。 と書いてあれば準備OK。

スマホ側

機種ごとに項目の開き方が異なるのですが、
設定(歯車マーク)」からいくつかの階層を経て「キャスト」項目を開きます。

右上の「設定」アイコン(縦の点線)をタップして、
ワイヤレスディスプレイ.. のチェックをします。

すると、先ほど設定したパソコン名が表示されているので、それをタップします。

カテゴリー
未分類

作業料金20%引キャンペーン を実施しています

当分の間、作業料金20%引キャンペーン を実施しています。更に、65歳以上の方、大学生・専門学校生の方、身体障碍者手帳(第1種、第2種)をお持ちの方に対しては、更に10%引でトータル30%引を行っております。ぜひご利用ください(なお該当する方は、それを証明する書類を必ずお持ちください)。

カテゴリー
未分類

google Chromecast with Google TV 無料進呈キャンペーン を実施します

キャンペーン期間中に、出張にてChromecast 設定の作業を依頼いただいた方を対象に、
Chromecast with Google TV(2Kタイプ:時価4,980相当) を無料で進呈!
(4Kタイプ は1,500円で販売いたします)。

好評に付き終了しました。

Chromecast with Google TVとは

Chromecast with Google TV 実物

インターネットに接続することで、テレビ画面で映画や動画などの映像コンテンツを視聴できたり、写真やウェブサイトが閲覧できたりします。

映像コンテンツはこのほかにもいっぱいあります。

操作はいつも利用しているスマホ、パソコンなどでもできますが、リモコンがついているこの製品は、スマホやパソコンに不慣れな方でも使いやすくできており、お年寄りにも大変好評です。

・ユーチューバーが作成した多彩なコンテンツが見れる
・テレビ番組では見られない懐かしく珍しいコンテンツが見れる
・映画から身近な音楽、ラジオ、天気予報まで網羅。
・音声でグーグルに質問や指示ができる(今日の天気は? 〇〇の音楽を聞かせて。など)

スマホの映像を大型画面に表示できる

見守り用として使われるネットカメラ。その多くがスマホでの操作に限られるが、スマホだと画面が小さくてよく見えないという声がよく聞かれる。

例えば、赤ちゃんやペットの見守り用として、ネットカメラを置いておられる方。離れたところからスマホで見守りできるんだけど、画面が小さくてよく見えない・・・という声をよく聞きます。

Chromecast はそんな時に威力を発揮します。液晶テレビにこの製品を取り付けて初期設定を行い、ホーム画面を押した後で、簡単なスマホ操作をするだけです。

このように接続すればOK。下にぶら下がっているのは電源供給用のUSBケーブル(製品に付属)
Androidスマホからは、「設定」から「キャスト」メニューを開き、表示したいChromecast機器を選択すればよい。

費用は

例えば、大垣市内の方は、Chromecast(2K) 本体代金込みで、以下の価格でChromecast 設定の作業をいたします。
 出張料金 2,200円
 基本料金 2,640円
 診断料金 2,640円
 作業料金 3,300円
 割引    -660円(上記※該当者 -990円)
———————
 合計  10,120円 (上記※該当者 9,790円)

Chromecast が無料で付いてくるので、実質の費用は、出張費込みで、6,140円(5,810円)です(税込)。

ただし、以下の作業が必要な方は各々別途料金を頂戴いたします。
 googleアカウントの新規登録、wifiルータの設定、
 wifi電波の不具合(弱い、混信)対策。

カテゴリー
未分類

フレッツ回線をビジネスホン環境で IPoEとPPPoEを共存させる場合の注意

以前のブログ記事に載せましたが、フレッツ回線でIPoEとPPPoEを共存して使えることができます。ネットカメラを使っている方や、一部のネットゲームをお使いの方などは、これで解決できます。

なお、ひかり電話をお使いでNTTのホームゲートウェイをお使いの方は、IPoE対応ルータを使って、当ブログの フレッツ光系の回線では同時に2つのプロバイダに接続できるってご存じでしたか? に掲載の図のように接続して実現できます。 

ところが、会社などでビジネスホンを使っている環境でこれを実現しようとすると、難易度が高くなります。

難易度を要するのは2点。

(1) PPPoE (IPv4) 系と、IPoE (IPv6) 系を、ONUの下で単純にスイッチングハブで分けることはで出来ません。
電話回線が絡むので、適合認定を受けた Voiceスイッチ なる機器を使って分けなければなりません。
理由は、電話回線に影響が及ばないようにするためです。Voiceスイッチは、単なるハブとは異なり、電話回線に使用するボイス用ポートが それ以外のデータ用ポートに優先して使われるようになっています。 

(2) IPoE (IPv6)用ルータの要件が厳しい。ビジネス用ルータのメンテナンスをルータの代理店に依頼するのと同様、ビジネスホンの代理店に依頼するのが賢明です。