カテゴリー
未分類

穂積・大垣地区から新大阪まで早く行ける割引きっぷ

現在、JR東海から、「シャトルきっぷ」というきっぷが有って、穂積・大垣地区から米原まで在来線普通列車普通車自由席を、米原~京都・新大阪までは新幹線「ひかり」「こだま」号の普通車自由席を利用し往復することができます。
大垣駅の窓口で「新大阪まで新幹線で行きたい」と言うと、この割引切符を販売してくれることが多いようです。

往復きっぷで有効期間は2日間。
通年販売(ただし多客期を除く)
販売額は6,340円(大垣駅発着の場合。乗車駅によって異なる)
穂積醒ヶ井駅間で窓口有か(サポート付)指定席券売機の有る駅で購入

ただこの割引切符は、24年3月15日で販売終了。切符は翌3月16日をもって使えなくなります。

その代わりに、3月16日から通用可能な以下の切符がJR東海から発売されます。

EX早得1

乗車日前日(23:30)までの予約で、「のぞみ」「ひかり」「こだま」の自由席をおトクにご利用いただけるきっぷです。

東海道新幹線停車駅発着の片道切符。
インターネット予約して購入。
(乗車6日前の午前零時~乗車前日午後11時半まで購入可能)
通年販売(ただし多客期を除く)
3月16日乗車分より発売(発売開始は3月10日~)
6名分まで購入可能(深夜時間帯は3名まで)
在来線を利用する場合は、新幹線乗車駅までの運賃、料金が別途必要。

例えば EX早得1を利用した場合(大人一人)
大垣ー新大阪片道    計 3200円(往復6400円)
(参考 大垣ー新大阪  通常 5170円)自由席利用   
 大垣ー米原        運賃 680円
 米原ー新大阪   EX早得1料金 2520円
岐阜羽島ー新大阪片道  計 4730円(往復9460円)
(参考 岐阜羽島ー新大阪  通常 5170円)自由席利用

シャトル切符と比べて、EX早得は往復で60円高くなってますが、切符購入の手間など、利便性は優っているようです。   

要件
スマートEX、もしくはエクスプレス予約の会員になること
会員サイトにて、使用する交通系ICカード番号を登録しておくと、そのICカードを使って新幹線に乗車できる(エクスプレス予約会員のICカードの使用も、紙切符を発行して使用もできる)。

在来線を利用する場合でかつ、在来線乗車駅から新幹線乗車駅まで、新幹線降車駅から在来線降車駅まで、JR各社各ブロックの交通系ICカード利用エリアで完結していれば、ICカードだけでJRの在来線、新幹線に乗れてしまう。(少なくとも在来線区間で紙切符の必要な指定席・G車に乗車していなければ)
(在来線区間は交通系ICカードから引き落とされ、新幹線区間はクレジットカードから引き落とされる)
今は米原駅までTOICAが使えます。

ICカードに新幹線複数名分を紐づけし、ICカードで在来線から乗車する場合は、どうやって運用するんでしょうか?駅員に聞いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です