カテゴリー
未分類

windows10で今まで使ってたアカウントにログインできなくなったのを修理

久しぶりにパソコン修理実績を掲載します。新しいwindowsログインアカウントを追加する過程でいろいろ操作したら、今まで使っていたアカウントが消えてしまってログインできなくなったという症状。

しかも、新しく追加したwindowsアカウントは標準ユーザー権限しか持っておらず、そのためこのパソコンからアプリの追加や削除をはじめ、windowsの設定変更ができなくなってしまった。

修理したパソコン Aspire T3-600 (windows 10 home)

とりあえず、今使えるアカウントでログインします。

最初に、消えてしまったユーザーアカウントのユーザーデータフォルダが残っているか確認したが、一応フォルダーは有った。

消えてしまったと思われた、「今までのユーザフォルダ」が残っていることを確認できた。

次に、アカウント復旧の準備に入る。
アカウントの復旧するために 管理者モードで、コマンドプロンプトもしくは Windows PowerShell に入りたいのだが、今のユーザーアカウントでは管理者モードで入ることが出来ない。

スタートメニューから「電源」→ shiftキーを押しながら「再起動」その後・・・

F4キーを押して、セーフモードを有効にする。Administrator というアカウントでログインが出来るはずなのでそのアカウントでログインする。

管理者権限でWindows PowerShell を実行
(コマンドプロンプトでもよい)

スタートボタンを右クリック
Windows PowerShell(管理者) をクリック

コマンドプロンプトを実行したい場合は
スタートメニュー上で、 「cmd」で検索
最も一致する検索結果に「コマンドプロンプト」が現れるので
 右クリックして 「管理者として実行」をクリックする

管理者アカウント 「newuser※」を作成

net user newuser /add
net localgroup administrators newuser /add
exit

セーフモードを終了。再起動。
先ほど作成した管理者アカウント newuser でサインイン

その後に行った操作の詳細は省くが、
(1)管理者モードでコマンドプロンプト等に入る
(2)net user↓ で、windowsに登録されているアカウント一覧を表示させる
 このとき、使用不可になっているもの、隠れているものも表示されるが、それらの中に消えてしまったアカウント名があることを確認する
(3)net user 消えてしまったアカウント名↓ で
 消えてしまったアカウントの情報が表示されることを確認する
(4)net localgroup administrators 復活させたいアカウント名 /add ↓ を実行。
(5)今回の場合、以上の操作で、消えてしまったアカウントの復旧完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。