カテゴリー
未分類

パソコンデータの不意な消失を防ぐ方法いろいろ(1)

【1】ファイル/フォルダ単位

(a)ファイル/フォルダのコピーを別のドライブ/フォルダに作る (必要最低限のものをUSBメモリを使って運用している場合もある)
 ・コピー先と同期する方法
   コピー元で更新されたらコピー先のも更新される
   コピー元で削除されたらコピー先のも削除される
 ・コピー先と同期しない方法
   コピー元で更新されたらコピー先のも更新される
   コピー元で削除されてもコピー先のは削除されない

(b)ファイル/フォルダのバックアップを作る(外付けストレージ、ネットワークストレージ、クラウドが使われる)
 ・バックアップイベント毎にファイル/フォルダ全体が復元可能な形で保存される。多くの場合、バックアップした時点のイベントを指定して復元できる。
 ・手動でその都度保存したり、自動スケジュールを組んで保存したりする。
 ・スケジュール保存の場合、保存領域を節約するために、圧縮を行ったり、完全バックアップの他に増分・差分バックアップがなされることがある。

【2】物理的ドライブの物理的パーティション単位(windowsならCドライブ、Dドライブ等)
【3】システムパーティションを指定
【4】内蔵HDD/SSD1台単位
【5】パソコン内蔵ストレージ全て

・一般的に、外付けストレージ、ネットワークストレージ、クラウド上に、ファイル単位でなく丸ごと単位で保存される。
・バックアップイベント毎に全体が復元可能な形で保存される。多くの場合、バックアップした時点のイベントを指定して復元できる。
・手動でその都度保存したり、自動スケジュールを組んで保存したりする。
・スケジュール保存の場合、保存領域を節約するために、圧縮を行ったり、完全バックアップの他に増分・差分バックアップがなされることがある。
・バックアップソフトによっては、復元より細かな単位(ファイル/フォルダ/ドライブ等)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。